沢田豊丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沢田 豊丈(さわだ とよたけ、1881年明治14年)4月16日[1] - 没年不詳)は、朝鮮総督府官僚

経歴[編集]

岡山県に国富与三郎の二男として生まれ、岡山県会議員の沢田正泰の養子となった[1]。妻は正泰の四女[2]1907年(明治40年)、東京帝国大学法科大学独法科を卒業[1]山形県事務官、朝鮮総督府書記官、同道事務官、監察官慶尚南道知事慶尚北道知事を歴任した[1]

退官後は、東洋拓殖株式会社理事、朝鮮電気興業株式会社取締役、朝鮮電力株式会社監査役などを務めた[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編 『大衆人事録 第12版』 帝国秘密探偵社、1937年
  • 人事興信所編 『人事興信録 第14版(上)』 人事興信所、1943年