沖ノ鳥島港湾工事事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沖ノ鳥島港湾工事事故(おきのとりしまこうわん こうじじこ)とは、2014年3月30日東京都小笠原村沖ノ鳥島で発生した港湾工事事故である。

沖ノ鳥島において五洋建設が請け負った港湾整備事業で、作業中に桟橋がひっくり返り、作業員16人が投げ出された。事故当日に5人の死亡、2人の行方不明、4人の軽傷が確認された。この工事は独占的に漁業海底資源開発ができる排他的経済水域の維持を目指し、中華人民共和国も意識するという国策工事だった[1]。行方不明になっていた2人も後に遺体で発見され、この事故による死者数は計7人となった[2]

国土交通省による7月2日の中間報告によれば、桟橋の補強などにより重量が設計よりも増したうえ、もともと桟橋上にあったクレーンの設置場所が中心からずれていて不安定になったことが、事故の原因となった[3]

出典[編集]

  1. ^ “沖ノ鳥島で事故、5人死亡・2人不明 桟橋の工事現場”. 朝日新聞. (2014年3月30日). オリジナル2014年3月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/zhDEb 2015年9月9日閲覧。 
  2. ^ “最後の1人か、遺体発見 沖ノ鳥島事故”. 産経新聞. (2014年4月20日). オリジナル2014年4月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140420205334/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140420/dst14042022240007-n1.htm 2015年9月9日閲覧。 
  3. ^ “補強で重量増やクレーンずれ不安定に 沖ノ鳥島の桟橋転覆”. 日本経済新聞. (2014年7月2日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG02014_S4A700C1CR0000/ 2015年9月9日閲覧。 

外部リンク[編集]