池田正己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 正己(いけだ まさき、1952年7月17日 - )は、日本実業家ホテルオークラ東京代表取締役会長社長支配人を経て、同社代表取締役会長日本ホテル協会副会長。

人物・経歴[編集]

東京都出身。1975年東京農工大学工学部工業経営管理専攻卒業、大成観光(現ホテルオークラ)入社。社長室経営企画課長、事業部情報システム課長を経て、2005年ホテルオークラ東京ベイ管理部長出向。2006年ホテルオークラ東京ベイ取締役管理部長。2008年ホテルオークラ東京ベイ常務取締役副総支配人兼管理統括部長、ホテルオークラ執行役員。2010年ホテルオークラ東京ベイ代表取締役専務総支配人[1]。2011年ホテルオークラ上席執行役員。2012年ホテルオークラ東京ベイ代表取締役社長、ホテルオークラ取締役に昇格。2013年ホテルオークラ取締役常務執行役員管理本部長。2014年からホテルオークラ東京代表取締役社長を務め、2017年から同社取締役会長を兼務[2][3]。2019年日本ホテル協会副会長[4]。2019年ホテルオークラ東京代表取締役会長[5]。2020年、藍綬褒章受章[6]

脚注[編集]

  1. ^ 総支配の履歴書HITS
  2. ^ 「ホテルオークラ有価証券報告書-第74期(平成28年4月1日-平成29年3月31日)」
  3. ^ ホテルオークラ東京社長に池田氏日本経済新聞2014/6/23付
  4. ^ 日本ホテル協会が総会 新会長にパレスホテル会長の小林節氏観光経済新聞2019年4月5日
  5. ^ ホテルオークラ東京社長に成瀬氏 日本経済新聞2019/6/3 18:40
  6. ^ 「令和2年春の褒章受章者名簿 東京」


先代:
清原當博
ホテルオークラ東京社長
2014年 - 2019年
次代:
成瀬正治