江永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

江 永(こう えい、1681年 - 1762年)は、中国代の学者。字は慎修。

略歴[編集]

婺源(安徽省)の出身。婺源は朱熹の故郷であるため、江永も朱子学をおさめた。若いときから周礼、十三経注疏を集中して研究した結果、校勘に長じ、その学問は古今の制度・鐘律・天文・地理・音韻の多方面にわたる。清代考証学の浙江皖派をなし、門下に戴震段玉裁王念孫らが出て、『説文』『爾雅』を基礎とする訓詁声韻の学が発達した。

著作[編集]

多数の著作のうちでも、『礼経綱目』88巻・『四書典林』40巻はもっとも大部であり有名。

  • 『古韻標準』6巻
  • 『群経補義』5巻
  • 『近思録集注』14巻
  • 『律呂闡微実』11巻
  • 『四声切韻表』4巻
  • 『春秋地理考実』4巻
  • 『読書随筆』12巻

参考[編集]

  • 『清史稿』487
  • 『清史列伝』68
  • 『国朝先正事略』34
  • 『清代樸学大師列伝』