求心路遮断性疼痛症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

求心路遮断性疼痛症候群(きゅうしんろしゃだんせいとうつうしょうこうぐん、英:deafferentation pain syndrome)は、末梢または中枢神経系の痛覚伝導路の障害により、正常な求心性刺激が途絶することにより起こる疼痛症候群である。侵害受容器を介さない慢性の痛みで、生理的基盤を持つ。求心路神経系の完全・不完全遮断に関らず、神経系障害患者の数%にみられ、障害後数週間~数ヶ月を経過してから発症する場合が多い。

症状[編集]

分類[編集]

関連項目[編集]