水野忠丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水野忠丘(みずの ただおか、寛永18年(1641年)- 宝永4年12月4日1707年12月27日))は、江戸時代旗本水野成貞の次男。母は蜂須賀至鎮の娘・正徳院。又八郎。初名、成春。室は幡頭氏の娘。

生涯[編集]

寛文4年(1664年)3月27日、兄の水野成之に連坐し、母・正徳院とともに蜂須賀光隆に預けられた。元禄元年(1688年)7月末日に赦され、蜂須賀綱矩のもとに居候した。

元禄13年(1700年)5月20日に召し出されて小普請となり、翌年12月初日に将軍徳川綱吉に拝謁を許され、25日に蔵米300俵賜った。

宝永4年、67歳で没した。法名は義英。墓所は三田の功運寺(現在は中野区上高田)。家督は子の水野忠位(ただつら)が継いだ。忠位の没したのちは、その子の忠豊が継いだが7歳で早世、忠丘の子で忠位の弟の水野忠豊が継いだ。

参考文献[編集]