水野剛也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

水野 剛也(みずの たけや、1970年 - )は、日本社会学者、東洋大学教授。

来歴[編集]

東京都生まれ。法政大学卒業後、上智大学で修士号を得て渡米し、2000年、アメリカ・ミズーリ州立大学、スクール・オブ・ジャーナリズム博士課程修了[1]文教大学情報学部専任講師、2006年東洋大学社会学部助教授、2007年准教授、2012年教授。

著書[編集]

  • The Civil Libertarian Press, Japanese American Press, and Japanese American Mass Evacuation UMI c2001, 2002
  • 『日系アメリカ人強制収容とジャーナリズム リベラル派雑誌と日本語新聞の第二次世界大戦』春風社 2005
  • 『「敵国語」ジャーナリズム 日米開戦とアメリカの日本語新聞』春風社 2011
  • 『「自由の国」の報道統制 大戦下の日系ジャーナリズム』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2014

脚注[編集]

  1. ^ 水野剛也. “TM As A Scholar 研究業績”. 水野剛也. 2014年12月20日閲覧。

参考[編集]

外部リンク[編集]