水品春樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水品 春樹(みずしな はるき、1899年1月3日 - 1988年10月19日)は、演劇人、舞台監督。本名は水品福多。

長野県上水内郡長野町(現長野市)出身。専修大学中退。大正13年(1924年)築地小劇場小山内薫の演出助手となる。1938年新協劇団演出部員、演技研究所主任となり、日活、大映、日本映画学校の講師を務める。1951年劇団民芸に所属。昭和49年(1974年)に舞台監督協会を設立し初代会長。

著書[編集]

  • 『築地小劇場史』日日書房 1931
  • 『演劇ノート』国文社 1943
  • 『演技への出発』彰考書院 1948
  • 『学校劇』河出書房 1950 教育文庫
  • 『舞台監督の仕事』未来社 1953 てすぴす叢書
  • 『小山内薫と築地小劇場』町田書店 1954
  • 『俳優芸術の基礎』未来社 1957 てすぴす叢書
  • 『演技入門 テレビ演技 舞台演技』ダヴィッド社 1959
  • 『小山内薫 一業一人伝』時事通信社 1961
  • 『演技術 基礎から舞台まで』社会思想社・現代教養文庫 1963
  • 『演劇の道 ドラマの勉強と仕事』ダヴィッド社 1964
  • 『劇と演技 附脚本五曲』ダヴィッド社 1965
  • 『演技求真 創造の基礎・演技の基本』ダヴィッド社 1969
  • 『新劇去来 築地小劇場史<復元>その他』ダヴィッド社 1971
  • 『劇と共に 新劇今昔・演技術栞』ダヴィッド社 1975

参考[編集]