水まま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:実物の画像提供をお願いします。2016年11月

水まま(みずまま)は、冷えたごはんに水をかけて食べる山形県食文化水まんま水かけごはん洗い飯冷やし茶漬けなどとも呼ばれる。

概要[編集]

水飯(すいはん・みずめし)は平安時代の文献にも登場する料理であるが、現在は東北地方の一部にのみに見られる郷土食となっている。

残り飯と保存食を用いた簡易な家庭料理として最上地方を中心に古くから伝わっており、食欲の低下する夏場の季節食として素麺冷麦などと同様に用いられる。また単に涼味を求めるのみならず、暑さにより腐敗の兆しが見えたご飯であっても、表層を洗い流すことで臭みを取り除き、安全に食べることができる経済的かつ合理的な料理である。

作り方[編集]

  • 冷やご飯を水で洗ってぬめりを取り、ざるに空ける。
  • 茶碗によそって冷たい水をかけ、少量の箸休めと共にいただく。
  • 箸休めのおかずには漬物佃煮塩鮭梅干し味噌など、東北特有の塩分の多い保存食が用いられる。
  • 薄切りのきゅうり大葉などを飾ったり、氷を用いてさらに冷やせば涼味が増す。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]