民族起源論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

民族起源論(みんぞくきげんろん、Ethnogenesis)とは民族集団の形成と発展である[1][2]。これは、民族集団の自己識別のプロセスを通じて発生する場合もあれば、外部の識別の結果として発生する場合もある。

"ethnogenesis"という語は、20世紀半ばに造語されたが、これは、人類学的な用語で「民族集団」という、まとまりのあるアイデンティティを持っていると識別された新しい社会集団の出現という観察可能な現象を指す。関連する社会科学は、この現象を観察するだけでなく、その原因の説明を探す。 "ethnogeny"という用語も、"ethnogenesis"の異形として使用される[3]

日本民族起源論[編集]

脚注[編集]

  1. ^ According to the Merriam-Webster Dictionary [1].
  2. ^ Compare: Fitzgerald, Thomas K. (1993). Metaphors of Identity: A Culture-Communication Dialogue. SUNY series in human communication processes. Albany: State University of New York Press. p. 83. ISBN 9780791415955. https://books.google.com/books?id=nXYZrl5kIA8C 2020年12月5日閲覧. "The process of emerging ethnicity has been called 'ethogenesis,' the development and public presentation of a self-conscious ethnicity. [...] Roosens [1989: 47], in Creating Ethnicity, defined ethnogenesis as 'how people feel themselves to be a people and how they continue to maintain themselves as such,' even in the face of contradictory historical evidence." 
  3. ^ Andrew Gillett, "Ethnogenesis: A Contested Model of Early Medieval Europe", History Compass 4/2 (2006): 241–260 p. 244.[リンク切れ]