民主主義復興最高評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

民主主義復興最高評議会(みんしゅしゅぎふっこうさいこうひょうぎかい、フランス語: Conseil suprême pour la Restauration de la Démocratie、略称CSRD)は、2010年2月18日ニジェールにおいて軍事クーデターを起こし、実権を握った軍事政権。議長はサル・ジボ[1][2][3]。CSRDは、「ニジェールをよき民主主義と統治のモデルにする」ことをクーデターの目的と主張した[4]

クーデター後の2日間、何千もの人々が軍事政権と、その民主主義を導入するという目的を支持するデモを実施した[5]

2010年10月に新憲法案が国民投票で9割以上の賛成を得て承認され、2011年3月12日に大統領選挙を実施。ニジェール民主社会主義党議長のマハマドゥ・イスフが当選し4月7日に就任宣誓を行い[6]民政移管が果たされ、CSRDはその役割を終えた。

主要メンバー[編集]

  • サル・ジボ - 議長(大佐)
  • ジブリル・ヒマ・ハミドゥ (Djibrill Hima Hamidou) - 1999年のクーデターにおけるスポークスマン。ニジェールサッカー協会の会長でもあった。(大佐)
  • グコイェ・アブドゥル・カリム (Goukoye Abdul Karimou) - 臨時政府スポークスマン。(大佐)
  • アダム・アルナ - 1999年クーデターのリーダー・ダオダ・マラム・ワンケの側近(Aide-de-camp)[7]

活動[編集]

CSRDは軍隊の兵舎にタンジャ・ママドゥ大統領を拘束した後、ニジェールの憲法を停止させ、全ての国家機関を解散させた[4]

脚注[編集]