アダム・アルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アブドゥライェ・アダム・アルナAbdoulaye Adamou Harouna, Harouna Adamou, アルナ・アダムとも表記される[1])は、ニジェール軍人。階級は少佐[2][3]あるいは大佐[2]2010年2月18日軍事クーデターを導き、タンジャ・ママドゥ大統領を退陣に追い込んだ[4][5]

1999年クーデターの際には、リーダーであったダオダ・マラム・ワンケの側近を務めた[6]

2010年クーデターでは、兵士が首都ニアメへ進撃し、大統領官邸に攻撃を行いママドゥ大統領を拘束した。クーデター成功後、サル・ジボchef d'escadron、戦隊司令官)が民主主義復興最高評議会の議長としてニジェールの事実上の元首となった[7][1][8]

関連項目[編集]

脚注[編集]