毛鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
毛鉱 jamesonite
JamesoniteAnita.jpg
分類 硫化鉱物
化学式 Pb4FeSb6S14
結晶系 単斜晶系
へき開 一方向に良好
モース硬度 2.5
光沢 金属光沢
鉛灰〜黒
条痕 灰黒
比重 5.6
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

毛鉱(もうこう、jamesonite)は、アンチモン硫黄を主成分とする硫化鉱物[1]スコットランド鉱物学者ロバート・ジェイムソン(1774-1854)にちなみ命名され、硫安鉛鉱とも呼ばれる[2]。熱水鉱脈や接触交代鉱床中に見られる[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 松原聰 2013, p. 94.
  2. ^ 『新版 地学事典』 地学団体研究会 新版地学事典編集委員会編、平凡社、1996年10月。ISBN 978-4-582-11506-2

参考文献[編集]

  • 松原聰『美しい鉱物』学習研究社〈学研の図鑑〉、2013年、94頁。ISBN 9784054055780

関連項目[編集]

外部リンク[編集]