毛利貞元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

毛利 貞元(もうり さだもと、生年不詳 - 延徳元年(1489年11月)は因幡国国人で同国私部城城主、官職は民部大輔、通称は次郎。

経歴[編集]

貞元の一族、因幡毛利氏永享年間より幕府奉公衆を代々務めた家柄で貞元自身も奉公衆を務めた。

文明11年(1479年)春、応仁の乱が長期化し、山名氏の統治にほころびが生じ始める中、貞元は若桜矢部氏ら国人衆を束ね毛利次郎の乱と呼ばれる大規模反乱を起こした。蜂起から半年程度は優位に戦いを進めていった貞元であるが、下向した惣領の山名政豊の軍勢には敵うことができず、翌文明12年の春頃には鎮圧された。

鎮圧後の貞元は奉公衆であったことが幸いし、助命された。加えて、厳罰に処せられた形跡もなく3年後の文明15年(1483年3月8日には堂々と犬追物に参加している。この後も貞元は犬追物に参加しており、同年11月14日からは矢部宗春と共にその名が見える。(参考・「伊勢家書」)

長享元年(1487年12月30日京都蔭涼軒主・亀泉集証の働きかけにより正式に赦免された貞元は赤松氏支援の下、山名政実を擁立して再度、山名氏に対して反乱を起こした。しかし、戦局は貞元側に不利であったようで延徳元年(1489年9月5日徳丸河原合戦で敗北、同年11月には山名豊時の軍勢に攻め込まれ私部城において自刃した。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 高橋正弘著『因伯の戦国城郭 通史編』
  • 財団法人国府町教育文化事業団『山崎城史料調査報告書』
  • 谷本進・角田誠編『因幡若桜鬼ヶ城』城郭談話会、2000年