歯牙腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

歯牙腫(しがしゅ)とは、の硬組織を主体とする歯原性腫瘍の一種。エナメル上皮腫と共に歯原性腫瘍の代表格である。

形成された硬組織の配列状態により複雑性と集合性に分けられ、後者が多いといわれるが両者の移行性もあり。両者とも本当の腫瘍ではなく組織奇形(過誤腫)に類似する病変である。

複雑性歯牙腫[編集]

歯牙硬組織が不規則に配列し、形成された塊状物からなる。

集合性歯牙腫[編集]

多数の小さな歯牙様構造物の集合からなる。

関連項目[編集]