武田流中村派合気道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

武田流中村派合気道(たけだりゅう なかむらは あいきどう)は、武田流合気之術を受け継ぐ合気道流派である。武田流合気之術 第43世宗家・大庭一翁の内弟子である中村久九州黒田の地に設立した。

植芝盛平の合気道とは別系統)

特徴として「秘之打ち」と呼ばれる手刀打ちと合気柔術の投げ技を導入した、綜合乱取り試合を行っている事が上げられる。 なお、武田流中村派は、合気道の他にも柔拳法、弓馬の術、居合道杖術剣術を含み、それらの全てにおいて試合を導入している。

外部リンク[編集]