正雲寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正雲寺
Shōun-ji temple, Takayama, 2017.jpg
所在地 岐阜県高山市神明町3-112
位置 北緯36度8分14.5秒
東経137度15分35.9秒
座標: 北緯36度8分14.5秒 東経137度15分35.9秒
山号 慈恩山
宗派 曹洞宗
本尊 釈迦牟尼如来
創建年 慶長12年(1607年)
開山 縁室良淳
中興年 明治37年(1904年)
中興 永田道敏
札所等 飛騨三十三観音霊場8番
法人番号 6200005009878
正雲寺の位置(岐阜県内)
正雲寺
テンプレートを表示

正雲寺(しょううんじ)は岐阜県高山市の城山西麓にある曹洞宗の寺院で、山号は慈恩山。飛騨三十三観音霊場8番札所である。

慶長12年(1607年)に縁室良淳和尚により岩手県岩崎村(現在の岩手県北上市和賀町岩崎)に永徳寺として建立された。 明治時代に至って寺運が傾き存亡の危機に陥ったために寺基の移転を模索していたところ、飛騨市古川町の林昌寺住持の松下器外和尚のとりなしにより高山の名士永田道敏が中興開基となって現在地に移転した。 移転に当たって永平寺64世森田悟由を勧請開山とし、寺号を正雲寺と改めて永平寺の直末寺となった。

本尊の釈迦牟尼如来の他、森田悟由がもたらした観音菩薩を飛騨三十三観音霊場の札所の本尊として祀っている。

参考文献[編集]

  • 飛騨寺院風土記