歌川貞景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

歌川 貞景(うたがわ さだかげ、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

初代歌川国貞の門人。本姓は小島、通称庄五郎。五湖亭と号す。江戸の目白台但馬屋敷に住む。作画期は文政から天保の頃にかけてで、国貞風の美人画や多数の版本の挿絵を描いた。肉筆画も残す。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年