橘高隆哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

橘高 隆哉(きったか たかや、1939年(昭和14年)11月24日 -2013年(平成25年)6月2日[1])は、日本実業家

人物[編集]

サンクスアンドアソシエイツ社長として独自の経営方針を掲げて「サンクス」ブランドを率いた。2001年に「サークルK」と経営統合後は、持株会社シーアンドエスの会長に就任。さらに2004年に完全に合併するとサークルKサンクスの取締役相談役に就任したが、翌年5月25日に退任した。

経歴[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ サークルKサンクス社長の橘高隆哉さん死去有名人の葬儀 2013年6月4日閲覧
  • 2001年(株)サンクスアンドアソシエイツ有価証券報告書閲覧