橋本正章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
橋本 正章
(はしもと まさあき)
生誕 (1954-01-23) 1954年1月23日(64歳)
日本の旗 日本 福岡県福岡市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 宇宙物理学
研究機関 九州大学
出身校 九州大学(学部)
熊本大学(修士課程)
早稲田大学(博士課程)
プロジェクト:人物伝

橋本 正章(はしもと まさあき、1954年1月23日 - )は、日本宇宙物理学者。専門は、天体物理学、特に、元素の起源、ビッグバン理論と宇宙進化、高密度星の熱的進化、恒星進化論、超新星爆発シミュレーションと元素合成など[1]多岐にわたる。

九州大学理学研究院物理学部門教授[1](九州大学 宇宙物理理論 研究室[2])。同研究室の助教に山岡均がいる。

来歴[編集]

福岡県福岡市出身[3]。1978年、九州大学理学部物理学科卒業[3]。1980年、熊本大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了[3]。1983年、早稲田大学大学院物理学専攻博士課程修了[3]

著書[編集]

大学初年度向けの力学の教科書・演習書や相対性理論の初級向けの教科書を執筆している(荒井賢三との共著)。

共著[編集]

  • 荒井賢三『力学の基礎』(裳華房 1996年10月)
  • 荒井賢三『力学の基礎演習』(学術図書出版社 2002年9月)
  • 荒井賢三『相対論の世界』(裳華房 2014年10月)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 九州大学 - 研究者情報 橋本正章
  2. ^ 研究室ウェブサイト
  3. ^ a b c d 利用者:Hashimoto/プロフィール - 九州大学宇宙物理学研究室公式サイト内のページ。