樋口謙太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

樋口 謙太郎(ひぐち けんたろう、1907年5月14日 - 1994年3月8日)は、日本の医学者皮膚科医久留米大学九州大学福岡大学で皮膚科の教授を務め、多くの弟子を育てた。

エッセイストとしても知られている。教科書を多数著した。専門は真菌学梅毒などである。

経歴[編集]

  • 1907年5月14日:福岡県三井郡小郡町にて出生。
  • 1934年3月:九州帝国大学医学部卒業
  • 1934年5月:九州帝国大学皮膚科副手
  • 1936年8月:九州帝国大学皮膚科助手
  • 1937年11月9日 : 学位論文 「皮膚釀母菌症の研究 」 九州大学受理。博士論文書誌データベースより
  • 1937年12月:九州帝国大学皮膚科講師
  • 1938年8月:釜山府立病院科長(皮膚科)
  • 1942年2月:九州帝国大学皮膚科助教授
  • 1943年8月:ジャカルタ大学教授(陸軍省の軍政地教授)
  • 1946年7月:大村国立病院医長
  • 1947年12月:久留米大学皮膚科教授
  • 1948年10月:九州大学皮膚科教授
  • 1957年2月:1年間欧米文部省在外研究員として留学(ドイツ)
  • 1965年4月:九州大学附属病院院長(4年)
  • 1971年3月:定年退官、同4月:名誉教授
  • 1972年4月:福岡大学皮膚科教授:医学部長
  • 1973年12月:同病院長
  • 1978年3月:同定年退職
  • 1978年4月:福岡大学特任教授
  • 1994年3月8日:逝去[1]

叙勲・受賞[編集]

  • 叙勲:勲二等瑞宝章
  • 受賞:日本皮膚科学会皆見賞(昭和29年)
  • 受賞:西日本文化章(昭和36年)[1]

エッセイ[編集]

  • 次の4冊がある。
  • 『欧米紀行 医学者の眼』小山書店、東京、1959年 - 初版4000部が売り切れた。ミュンヘン留学期のことなど。
  • 『ひとりごと』、1969年 
  • 『どんたーく』西日本新聞社、福岡、1977年 - 内容は「妻を語る」、「木下杢太郎」、医療制度と医学教育の在り方」、「ジャカルタ大学での思い出」など。
  • 『巡る歯車』秀功社、福岡、1983年 - 内容は「庶民として」、「医学徒として」、「ロータリアンとして」、「旅行記」。

業績[編集]

  • 日本皮膚科学会、化学療法学会、医真菌学会、アレルギー学会、病院管理学会の総会を引き受けた。
  • 樋口謙太郎の名前で発表したのは約450編、指導論文700編、著書は約15冊、分担執筆は約30冊、教科書が多い。
  • 教え子で医学博士号を取った者は約百名。
  • 西日本連合地方会を結成した。
  • 雑誌『皮膚と泌尿』を再刊した。
  • 卒業直後、皆見教授より指間糜爛症の真菌培養を命じられ、仙台の太田正雄(木下杢太郎)の下に勉強に行った。
  • 勤務地の釜山で白癬菌の原株を発見した。
  • 1958年に「抗生物質による梅毒の治療および予防」という講演を行ったが、梅毒の症状が治癒しても、抗体反応が陽性の場合を、血清の瘢痕と表した。この表現は一般に受け入れられた。

カネミ油症事件[編集]

  • 1969年に発生したカネミ油症事件は、九州大学を中心に油症研究班が作られ、班長は勝木司馬之助,副班長は塩素ざそう(にきび)に詳しい樋口謙太郎である。[2]この事件はまだ研究が続いている。


樋口点状紅斑[編集]

  • 樋口は1954年に雑誌皮膚と泌尿に「一種の点状紅斑」と発表したが、最初の発表者の名誉を重んじて「樋口氏点状紅斑」(Erythema punctatum Higuchi) と名付けられた[3]。症状は若い女性の四肢に好発する紅斑で貧血性の白暈が取り巻く。虫さされなどから発生する説や薬疹説もある[4]
  • この症状とほぼ同一と思われる疾患も1974年に発表があり、Hypoanesthetic Haloes in Hawaii(HHH disease)と命名されている。この原因は蚊Culex quinquefasciatusである[5]
  • 最近の論文 An outbreak of eruptive pseudoangiomatosis-like lesions due to mosquito bites: erythema punctatum Higuchi.(2004) Ban M, Ichiki Y, Kitajima Y. Dermatology, 208:(4)356-9.

文献[編集]

  1. ^ a b 九州大学医学部皮膚科学教室. “歴代教授 (PDF)”. 九州大学. pp. p.10. 2010年4月28日閲覧。
  2. ^ 油症研究班報告集 福岡医学雑誌 60,403-407.
  3. ^ 谷村忠保、吉野一正、坂本邦樹ら:点状紅斑(Erythema punctatum Higuchi) 臨床皮膚泌尿器科 9(3),147-149,1955.
  4. ^ 病名をつけた頃の思い出(1995) 坂本邦樹 皮膚科の臨床 37(8),1215-1220.
  5. ^ Hypoanestetic haloes in Hawaii(1974) Aeling JL. Cutis 14:541-544.