極真会館 手塚グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

極真空手 手塚グループ(きょくしんからて てづかグループ、Kyokushin Karate Tezuka Group)とは、極真会館の創始者である大山倍達亡き後に生じた分裂騒動の後、遺族派から分かれ手塚暢人が設立したフルコンタクト空手団体。極真カラテ諸派の一つ。団体名称は国際空手道連盟総本部 極真会館 手塚グループ(こくさいからてどうれんめいそうほんぶ きょくしんかいかん てづかグループ)。

概要[編集]

極真会館 手塚グループ

1994年平成6年)、極真空手創始者・大山倍達没後の状況下で手塚含む支部長5名(小野寺勝美、林栄次郎、高木薫、安西友吉、手塚暢人)が、遺族である大山家とともに遺言書についての裁判を行う(→極真会館#分裂騒動)。

1997年(平成9年)11月、千葉で行われた大会に出席した海外の支部長の名刺に初めて「手塚グループ」の名称が使われる。その当時は、まだその名称では活動していなかったが、その後、多くの変化の中で国内外の関係者から手塚グループでの活動が求められた。その後、「極真会館 手塚グループ」の名のもとに活動を発展させている。

2017年(平成29年)1月13日、手塚グループの会長で、かねてから病気療養中だった手塚暢ポーランド語版(てづかとおる)が、1月5日に多発生筋炎を病原とした発作のため、亡くなっていたことが明らかになった(享年76)[1]

団体役員[編集]

  • 会長 森義道
  • 代表 手塚文子
  • 名誉会長 手塚暢(故人)
  • 本部事務局長 杉原政則(東京本部本部長)
  • 本部国際事務局長 伊藤祐史(アメリカ本部長)
  • 本部会計 菅野歩(宮城県本部師範)
  • 本部会計監査 宮城徹(広島県本部長)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]