極め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

極め(きわめ)[編集]

茶道具・香道具・香木・刀剣・書画・骨董 (こっとう) などの価値を見極めること。目利き。鑑定。また、その鑑定書。「家元が極めをつける」

極め(きめ)[編集]

武道などにおいて技などが決まる事を指す。

空手道などにおいて、寸前に目標を置いて最大限の力を爆発させることをいう。 寸前に止める、即ち『寸止め』とは異なる。

柔道柔術グラップリング総合格闘技などでは、関節技が決まることをさす。