森弘之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
もり ひろゆき
森 弘之
生誕 (1961-11-04) 1961年11月4日(61歳)
東京都
国籍日本の旗 日本
職業大学教員
肩書き東京都立大学理学部物理学科教授

森 弘之(もり ひろゆき、1961年11月4日 - )は、日本理論物理学者。東京都立大学理学部物理学科教授。専門は物性理論。博士(理学)慶應義塾大学)。

来歴[編集]

慶應義塾志木高等学校卒業[1]慶應義塾大学理工学部物理学科卒業[2]慶應義塾大学大学院理工学研究科博士課程単位取得退学[3]。大学時代の指導教員は米沢富美子広島大学理学部物性学科助手、東京都立科学技術大学助教授、首都大学東京理工学部准教授、同教授を経て、2022年現在は東京都立大学理学部物理学科教授および理学部長補佐[4]。その間、1993年 - 1995年にインディアナ大学研究員(仁科記念財団海外派遣[5])、2008年 - 2010年度国家公務員採用I種試験(理工III)試験専門委員、2011年 - 2017年度国家公務員採用総合職試験(数理科学・物理・地球科学)試験専門委員を務める[6]

研究活動[編集]

原子を極低温にまで冷やした冷却原子系の研究や、機械学習を物理学へ応用する可能性の探索を行っている[7][8][9][10][11]。一般向けの著書や訳書が多いことで知られ、物理学をかみ砕いて解説する技術に定評がある[要出典]。書籍だけでなく、一般向け講演も行っている[12][13]。英語力を生かしてAllAboutの日常英会話ガイドも長年務める[14]

書籍[編集]

著書[編集]

  • (西川恭治との共著 )『統計物理学』朝倉書店<朝倉物理学大系>、2000年[15]
  • 物理学辞典編集委員会(編集)『物理学辞典』培風館、2005年(分担執筆)
  • 米沢富美子(監修)『人物でよむ 物理法則の事典』朝倉書店、2015年( 分担執筆)
  • 『元素紀行』オーム社、2016年
  • 『2つの粒子で世界がわかる 量子力学から見た物質と力』講談社<ブルーバックス>、2019年

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 経歴”. 2022年8月7日閲覧。
  2. ^ 日経BOOKプラス. “スタンフォード物理学再入門 力学” (日本語). 日経BOOKプラス. 2022年8月7日閲覧。
  3. ^ 教員紹介 :: 森 弘之” (日本語). 東京都立大学 公式サイト. 2022年8月7日閲覧。
  4. ^ 著書・訳書の紹介文より
  5. ^ 海外派遣研究者 (PDF) - 仁科記念財団
  6. ^ 官報(平成20年度号外第19号-平成29年度号外第20号)
  7. ^ 教員紹介 - 東京都立大学
  8. ^ 研究紹介 - 東京都立大学理学部物理学科
  9. ^ 量子凝縮系理論研究室 - 東京都立大学
  10. ^ “基礎研究に革新的ツール AIで膨大なデータ分析”. 日本経済新聞. (2020年3月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57009820Z10C20A3TJM000/ 2021年5月19日閲覧。 (全文を読むには会員登録が必要)
  11. ^ 機械学習の超解像技術を応用したスピン系の逆くりこみ群変換の研究共同通信
  12. ^ 朝日カルチャーセンター 新宿教室 (PDF) - 朝日新聞2020年6月16日夕刊掲載の広告(新宿教室の「芸術・宇宙・自然科学」を参照)
  13. ^ 告知:【1回】量子力学の世界(2020/01/25、首都大学東京 森弘之教授、NHKカルチャー町田教室) - To Purple Dawn
  14. ^ ガイドプロフィール 森弘之 - All About
  15. ^ 共著となっているが、まえがきには森が単独で執筆したとの記載あり。