森可敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森 可敦(もり よしあつ、享保元年(1716年) - 安永5年10月4日1776年11月14日))は、播磨国三日月藩の世嗣。2代藩主・森長記の長男。子は娘(船越景順正室)、娘(滝川利広正室のち松平定寅正室)、娘(平岡良寛養女)。通称、左京。

三日月藩嫡子として育ち、享保15年(1730年)に徳川吉宗に拝謁する。しかし病弱を理由に元文元年(1736年)に廃嫡され、代わって弟の俊春が嫡子となった。安永5年(1776年)、61歳で死去した。法名は盛徳院可敦棄雲。