棈松熾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

棈松 熾(あべまつ さかん、1891年明治24年)3月30日[1] - 没年不明)は、明治時代後期から昭和時代前期の台湾総督府官僚

経歴・人物[編集]

鹿児島県日置郡上伊集院村(現・鹿児島市)に生まれる[2]1909年(明治42年)2月、台湾総督府税関官吏に任ぜられ、府属、台北州属、総督官房秘書課勤務を経て、1928年(昭和3年)9月、地方理事官に進み、基隆市助役に就任した[1]1930年(昭和5年)4月、台北州羅東郡守、1931年(昭和6年)5月、高雄州潮州郡守を歴任し、1932年(昭和7年)4月に退官した[1]

退官後は、清水街長、台北市主事、台南商工会議所理事、花蓮港市会議員などを歴任した[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 興南新聞社 1943, 10頁.
  2. ^ 原 1931, 32頁.

参考文献[編集]