桜淵公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
豊川(桜淵公園)
笠岩橋(かさいわばし)

桜淵公園(さくらぶちこうえん)は、愛知県新城市の市街地近く、豊川が深く谷を成す辺りを中心とした公園。その渓谷美から「三河嵐山」との異名を取る。4月の「桜まつり」、8月の「新城納涼花火大会」では多くの人で賑わう。

その名の通りの名所であり、新城城主・菅沼定実が植樹したのが始まりとされる[1]。春には満開の桜を見るため多くの観光客が訪れる。

公園内には歩行者専用橋「笠岩橋(かさいわばし)」がかかる。

芝生広場には釜屋建民家も建てられ、江戸から明治時代の人々の暮らしがわかる。青年の家には、旗頭山の積石塚古墳が復元されている。

愛知県立豊橋特別支援学校のスクールバスの始発点の1つ。

アクセス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 三河の嵐山 桜淵公園

関連項目[編集]