桜井漆器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桜井漆器(さくらいしっき)は、愛媛県今治市の桜井地域で作られる漆器である。

歴史[編集]

  • 1828年文政11年)に製造されたという記録があり、最初は春慶塗の技法で行ったが、天保年間になってから重箱の角を櫛歯形に組み合わせた技法が完成され、全国的に名を知られた[1]。愛媛県指定伝統工芸品に指定されている[2]
  • 昔は桜井漆器を九州などへ売りに行った。その時月賦販売(現在の分割払い)による販売方法を生み出し売上を伸ばし、桜井地域は繁栄した。さまざまな器が製造されたり、流通の仕組みが変化したことで衰退していった。
  • 2015年(平成27年)に同県の伝統工芸品菊間瓦とコラボレーションが話題になった[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ 1997年4月1日発行「四国の美術館・博物館(四国4新聞社合同出版)、愛媛新聞社、69p(伊予桜井漆器会館)」
  2. ^ 愛媛県庁(桜井漆器)
  3. ^ 菊間中学校24会(2015年4月13日)
  4. ^ 愛媛新聞オンライン(2015年7月10日)

外部リンク[編集]