桂米朝座談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂米朝座談(かつらべいちょう・ざだん)は3代目桂米朝著、豊田善敬戸田学共編の上方演芸など、演芸に関しての研究書である。2005年-2006年作(岩波書店刊)

概要[編集]

桂米朝は、落語活動のほか、上方演芸を中心とした演芸の研究の第一人者として知られ、その研究をまとめた大書「桂米朝集成」(編著同じ)という作品が発表されているが、この発表後、新たに発見された資料や録音、講演会、対談・座談をまとめたものである。全2巻。

外部リンク[編集]

出典
  1. ^ 桂米朝座談1
  2. ^ 桂米朝座談2

関連著[編集]