桂宗信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桂 宗信(かつら むねのぶ、享保20年〈1735年〉 - 寛政2年8月27日1790年10月5日〉)とは、江戸時代中期の大坂浮世絵師

来歴[編集]

月岡雪鼎の門人、大坂の人。姓は桂、名は常政のちに宗信。俗称は源吾または源五郎。は雪典。雪典、左司馬、眉仙、通神道人、通神亭と号す。今橋中橋筋北横町、また舟町に住む。作画期は明和から天明にかけてで、肉筆の美人画や読本、狂歌本などの挿絵を描く。享年56、墓所は大阪天王寺区の清寿院。門人に大坂の閨秀画家桂三木がいる。

作品[編集]

  • 狂歌 両節東街道』 狂歌本 ※安永9年(1780年)刊行
  • 『絵本三国志』 読本 ※天明8年(1788年)刊行
  • 「美人納涼図」 絹本著色1幅 個人蔵 ※款記「桂宗信」、印章「宗信」白文方印[1]

脚注[編集]

  1. ^ 岩佐伸一 伊藤紫織 松岡まり江企画・編集『「唐画もんー武禅林閬苑若冲も」展図録』 大阪歴史博物館 千葉市美術館 産経新聞社、2015年9月8日、pp.22、155。

参考文献[編集]

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年