格衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

格衣(かくえ)は、神職が着用する上着で「略服」。一般の羽織のような形状で、平袖平打の袖括と露がある。地質は白、色有文などで腋は「縫いつぶし」が多い。襟幅は一寸二部とし、前の左右に丸緒などの「胸紐」をつける。白衣の上に着て、烏帽子をかぶり、下衣は切袴とする[1]。また男性用、女性用があり。生地は、正絹、綾織、テトロン、化織、夏用絽、夏用紗などがある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『装束と衣装』神社本庁、1952年、24頁
  2. ^ 『神祭具便覧39巻』民俗工芸、2015年、66-100頁