根古屋神社の大ケヤキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
畑木。人間と比較すると、巨木ぶりがわかる

根古屋神社の大ケヤキ(ねごやじんじゃのおおけやき)は、山梨県北杜市須玉町江草(えぐさ)の根古屋神社(ねごやじんじゃ)境内にある一対の日本有数の大ケヤキである。

神社の境内に、本殿と舞台を挟む形で両脇に大きなケヤキがある。向かって右手が「畑木」、左手が「田木」と呼ばれ、いずれも樹高 20 m、目通り幹囲 10 mを超える巨木である。芽吹きの早さによって、その年の作柄を占う習わしがあった(畑木が早いと畑作が、田木が早いと田が豊作となる)。

この二本はセットで国の天然記念物に指定されている。枯死を防ぐため多数の補修を受けているが、今もなお青葉を繁らせている。

神社は根古屋集落にある。同集落は塩川釜無川の支流で、八ヶ岳茅ヶ岳の間を北から南に流れる)沿いを溯行する小尾街道(穂坂路)に沿っており、信州峠を越えて信濃国へ至る。甲州信州とを結ぶ街道のひとつであった。

現在では県道が塩川西岸に移ったが、以前はこの路が増富温泉信州峠へのルートとなっていた。

「根古屋」「根小屋」は山城の麓の集落によく付けられる名前だが、この集落の場合も戦国時代の山城である獅子吼城(ししこじょう、江草小屋)がすぐ東の山上に存在する。天正10年(1582年)3月に武田家が滅亡し、同年6月には甲斐・信濃を巡る「天正壬午の乱」が発生する。天正壬午の乱において、徳川氏・後北条氏は韮崎市の七里岩周辺の城砦に布陣して対峙し、穂坂路沿いの獅子吼城後には北条方が布陣した。同年6月の合戦で徳川・旧武田家臣団連合軍の夜襲により落城した。

一対のケヤキは樹齢1000年と推定されており、戦国の栄枯を見下ろしてきたことになる。

外部リンク[ソースを編集]

座標: 北緯35度49分12秒 東経138度27分49.25秒 / 北緯35.82000度 東経138.4636806度 / 35.82000; 138.4636806