柿生発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
柿生発電所

柿生発電所(かきおはつでんしょ)は、神奈川県川崎市麻生区黒川にある神奈川県企業庁の水力発電所および川崎市水道局導水路黒川監視所[1]である。

概要[編集]

川崎市水道局第一導水隧道(川崎一号水道)の途中にあり1962年に黒川発電所として運転を開始した。約12mの落差を利用した水力発電所であり、RPS法の認定を受けている。発電量は一般家庭1350世帯の一年分の電気となる。

最大発電能力
680キロワット
最大使用水量
6.94m3/s
有効落差
12.20メートル
年間発電電力量
4,865,000キロワット時

歴史[編集]

[1]

アクセス[編集]

小田急多摩線黒川駅より徒歩15分

出典[編集]

柿生発電所の説明板

  1. ^ a b 柿生発電所川崎市経済労働局産業政策部企画課

その他[編集]

仮面ライダーの撮影場所として利用された。

外部リンク[編集]