架空の諸言語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

架空の諸言語訳聖書(かくうのしょげんごやくせいしょ、英語: Bible translations into fictional languages)ではキリスト教聖書架空の言語への翻訳を扱う。世界で最も多くの言語に翻訳された書物として聖書は、様々な人々が現実世界から架空言語の世界へ、地球上から宇宙の果てまで、さらに翻訳を鋭意広げている。

クウェンヤ[編集]

クウェンヤJ・R・R・トールキンが創作した架空の言語で、キリスト教聖書の部分訳が何人かによって進んでいる。[1]

Translation John 3:16 (Yohannëo 3:16)
Fauskanger An Eru emélië i mar tenna antië ernóna Yondorya, i ilquen ye savë sessë lá nauva nancarna, mal samuva oira coivië.

クリンゴン語[編集]

聖書の一部はSFテレビドラマスター・トレック』シリーズに登場する宇宙人、クリンゴン人が使用する架空の言語であるクリンゴン語にも翻訳された。[2]

John 3:16 in Klingon
翻訳 John 3:16
Klingon New Testament toH qo' muSHa'pu'qu'mo' JoH'a', wa' puqloDDaj nobpu' ghaH 'ej ghaHbaq Harchugh vay', vaj not Hegh ghaH, 'ach yIn jub ghajbeH ghaH.
日本語訳(新共同訳聖書)で「ヨハネによる福音書」3章16節:神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

その他[編集]

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]