松阪牛協議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松阪牛協議会(まつさかぎゅうきょうぎかい)は、松阪牛の生産農家と関連する地方自治体、研究機関等により構成される任意団体。
松阪牛の食品としての安全・安心を提供する「松阪牛個体識別管理システム」の事業主体として、松阪牛生産の振興と品質向上に取り組む。
設立年月日は、2004年11月1日
肥育頭数は9,900頭(2010年11月30日現在)。
会員数は肥育農家117戸(2010年11月30日現在)、3市6町(2004年11月1日現在の旧22市町村)。

取り組み[編集]

  • 1.松阪牛生産振興
    • 松阪牛の安定供給
    • 特産松阪牛の振興
    • 松阪肉牛共進会などの協賛、他
  • 2. 松阪牛の安全・安心への積極的な取り組み
    • 松阪牛個体識別管理システムの運用
    • 松阪牛の安全安心等の積極的な情報発信
  • 3. 松阪牛の生産調査および研究
    • 生産者の意向調査
    • 品質向上のための研究や研修

関連項目[編集]