松田政近

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松田政近
時代 戦国時代
生誕 生年不詳
死没 天正10年6月13日1582年7月2日
別名 通称:太郎左衛門
主君 明智光秀
氏族 松田氏
五郎
テンプレートを表示

松田 政近(まつだ まさちか、生年不詳 - 天正10年6月13日1582年7月2日))は、戦国時代武将明智光秀の家臣。通称は太郎左衛門。

略歴[編集]

丹波衆の一人。山崎の戦いでは並河易家隊と共に明智軍の山手先鋒隊として先陣。羽柴秀吉軍の左翼が手薄である事を機に乗じて、中川清秀高山右近両隊を側面から奇襲しようと接近した。しかし、天王山にいた羽柴秀長黒田孝高隊が中川・高山両隊を援護するために交戦することとなり、お互い攻防を続けたが討死した。


子孫[編集]

『福知山市史』によると元和7年(1621年)に亀山藩岡部長盛福知山藩に転封された時に、光秀の家臣松田太郎左衛門の一子・五郎が、これに従って福知山へ越したという記録がある。これによれば五郎は父の討死後は母と並河村に逃避し、亀山で奉公したと云う。

参考文献[編集]

  • 二木謙一 『明智軍記』 新人物往来社、1995年。ISBN 4404021836 
  • 福知山市史編さん委員会 『福知山市史』