松村篁雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松村 篁雨(まつむら こうう 享保18年(1733年) - 文化6年7月17日1809年8月15日))は、江戸時代俳人医師武蔵国足立郡下上谷村(現・鴻巣市上谷)生まれ。幼名を小十郎、通称正敏。同郷の横田柳几の門人。鴻巣宿で医業を始める。その傍ら柳几の門人となり、松蘿堂と号する。安永天明年間、師匠の柳几とともに諸国行脚する。「松蘿堂随筆」、「鹿島紀行」、「筑紫紀行」、「篁雨句集」などの著書がある。実家の家督は弟の甚兵衛に譲っていたが晩年は実家に戻り、77歳で没する。辞世の句は、「道ばたに盆かわらけの破れけり」。墓は上谷の観音堂。