松本長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松本長(まつもと ながし、1877年明治10年)11月11日 - 1935年昭和10年)11月29日)はシテ方宝生流能楽師静岡市出身[1]

松本金太郎の次男として生まれる。1884年上京、明治天皇行幸能で子方などを務めたあと、1892年宝生九郎(16代家元)に入門。厳しい稽古を受け、野口兼資とともに宝生流の双璧とされた。

端正な品位の高い芸風で知られた。1935年早大の謡会で「国栖」を謡っていて急逝。SPで「卒都婆小町」が残る。

1920年頃より高浜虚子門下で句作を開始。これを契機に句謡会が生まれ、虚子最晩年まで続いた。著書に「松韻秘話」がある。

長男は俳人松本たかし、次男は能楽師松本惠雄人間国宝)。泉鏡花の従兄に当たる。

脚注[編集]

  1. ^ 松本長 コトバンク

関連項目[編集]