松平重宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 重宗(まつだいら しげむね、寛文4年(1664年) - 天和元年12月9日1682年1月17日))は、上総佐貫藩2代藩主・松平重治の長男。母は久世広之の娘。官位は従五位下、但馬守。

佐貫藩嫡子として生まれ、延宝元年(1673年徳川家綱に拝謁する。延宝7年(1679年)には叙任するが、家督を継ぐことなく天和元年(1681年)に18歳で早世した。なお、佐貫藩自体も貞享元年(1684年)に改易された。