松山常次郎記念館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松山常次郎記念館(まつやまつねじろうきねんかん)は、和歌山県九度山町にある博物館。同町出身で大正・昭和戦前期に活動した政治家松山常次郎に関する展示を行っている。

概要[編集]

記念館の建物は松山常次郎の生家で、木造商家建築。常次郎の親族により雑貨店として利用されていたが、改装を経て2007年5月3日に記念館として開館した。

松山常次郎とその家族にまつわる書簡や写真、遺品などを通して、常次郎の生涯が紹介されている。常次郎の長女の夫が平山郁夫という関係にあり、平山が義父を生前に描いた肖像画が展示されている。また、記念館の看板の文字も平山の揮毫になるものである。

九度山町では郷土の偉人として松山常次郎の顕彰を行うとともに、観光拠点として記念館を整備している。

利用情報[編集]

  • 開館時間 - 10:00~16:30
  • 休館日 - 月曜・火曜(祝日は開館)、年末年始
  • 入場料
    • 大人 200円
    • 小・中学生 100円
  • 所在地 - 〒648-0101 和歌山県伊都郡九度山町大字九度山1452

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度17分31.5秒 東経135度33分35.6秒