松尾興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
松尾 興
出生名 松尾 興
生誕 長崎県佐世保市
学歴 国立音楽大学声楽科
ジャンル バリトン
職業 ソリスト・オペラ歌手

松尾 興(まつお こう、1959年 - )は、日本のバリトン歌手・オペラ歌手長崎県佐世保市出身、国立音楽大学声楽科卒業。

西日本新人紹介演奏会にて声楽部門第1位「福岡音楽文化協会賞」受賞。全日本新人音楽コンクール入選。下関国際音楽コンクール声楽部門入選「審査員長賞」受賞(東敦子賞)。1988年ザルツブルク国際声楽コンクールファイナリスト。オーストリア・ザルツブルクにてイリス・アダミ・コッラデッティ(パドヴァ歌劇場音楽監督)、ケルスティン・マイヤー(ストックホルム王立オペラアカデミー教授)、ルドルフ・クノール教授(モーツァルテウム音楽院教授)に師事。イタリア・ジェノヴァにてジャンフランコ・パスティネ、エンツォ・コンスーマ、ルイザ・マラリアーノに師事。イタリア・サルザーナ歌劇場にて歌劇「リゴレット」(主演・初日)でイタリアデビュー。2008~2010インペリア、ポルトフィーノ、アルベンガの国際音楽祭に出演。「トスカ」スカルピア、「トロヴァトーレ」ルナ伯爵、「リゴレット」リゴレット、「オテロ」ヤーゴ等、イタリアオペラのドラマティックな役柄を得意とする。九州国公立私立音楽学会に所属。主な研究発表は「ヴェルディの歌劇におけるrecitativoとaria の演奏解釈」(2008年度)、「イタリアオペラにおけるbaritono drammatico のpassaggio の位置」(2009年度)、「Tecnica Italiana におけるpassagioと声門の関係」(2010年度)。 現在は福岡大学附属大濠高等学校の音楽科教師も務める。(2017年5月現在)

主な出演作品[編集]