松尾憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 憲治 (まつお けんじ、1949年6月22日 - )は日本実業家明治安田生命代表取締役社長や、生命保険協会会長、日本野球関東地区連盟会長、ダイヤ高齢社会研究財団会長等を歴任した。

人物・経歴[編集]

福岡県出身[1]福岡県立小倉高等学校を経て[2]、1973年神戸大学経済学部卒業[1]佐藤義雄住友生命保険社長は高校の同級生で、大学受験浪人時にも同じ予備校に通った[2]。大学卒業後明治生命保険(現明治安田生命保険)入社。長野支社長不動産部長などを経て、2005年常務。同年代表取締役社長に昇格し、保険金不払い事件に対応した[3][1]。2012年生命保険協会会長[4]。2013年明治安田生命保険特別顧問[1]

2016年日本野球関東地区連盟会長[5]。ダイヤ高齢社会研究財団会長[6]三菱UFJ銀行取締役[7]三菱総合研究所監査役[8]大同特殊鋼監査役[9]ダイヤ高齢社会研究財団会長[10]明治安田厚生事業団評議員[11]旭硝子財団評議員[12]久能カントリー倶楽部理事[13]国際金融情報センター監事[14]凌霜会理事[15]三菱財団監事等も務めた[16]。2020年、旭日重光章受章[17]

脚注[編集]