松尾広吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松尾 広吉(松尾 廣吉、まつお こうきち[1] / ひろきち[2]1867年1月8日(慶応2年12月3日[1])- 1937年昭和12年)1月16日[2])は、日本の実業家政治家貴族院多額納税者議員佐賀県西松浦郡伊万里町長

経歴[編集]

肥前国松浦郡伊万里町(現佐賀県伊万里市伊万里町)で、素封家・松尾貞吉の長男として生まれる[1][3]。漢学を修める[2]

1904年、陸海軍の諸機械器具製造を行う松尾鉄工所を設立[1]。家業をたばこ専売のほかに郡内の「煙草元売捌所」を開業して拡大[1]。その他、伊万里銀行監査役、伊万里鉄道監査役、魚市 (名) 社長、東洋油脂工業取締役などを務めた[2][3]

政界では、伊万里町会議員、西松浦郡会議員などを務め、1911年9月29日、貴族院多額納税者議員に就任し[4]、一期務めて1918年9月28日まで在任した[2]。また、1921年から伊万里町長を一期4年務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『佐賀県大百科事典』764頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』221頁。
  3. ^ a b 『人事興信録』第5版、ま36頁。
  4. ^ 『官報』第8485号、明治44年9月30日。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『佐賀県大百科事典』佐賀新聞社、1983年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第5版、1918年。