松宮宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松宮 宏(まつみや ひろし)は、日本の小説家大阪府大阪市出身。1980年大阪市立大学文学部心理学科卒業。デザインビジネスのコンサルタントでもある。

小説家として[編集]

2000年の日本ファンタジーノベル大賞で『こいわらい』(「松野宮ゆい」名義)が最終選考に残る。6年後にマガジンハウスから出版。2007年の「Tokyo Project Gathering」でもプレゼンされた[1]

『こいわらい』の続編となる『燻り亦蔵』については、幻冬舎の文芸誌で書評家の香山二三郎が「全く新しい剣術小説」と評した[2]

敬愛する作家は、藤沢周平アガサ・クリスティジョン・グリシャムレイモンド・チャンドラーエルモア・レナード

作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • こいわらい(2010年、NHKワンセグ2、Eテレ)

デザインビジネス関係[編集]

アパレル業態開発

OPAQUE、ITS DEMO、HUSHUSH、AQUAGIRL、MOGU STORE他 空間プロトタイプ開発、VMDスキーム開発

デザイン教育関係[編集]

大阪芸術大学短期大学部 客員教授(デザイン美術学科、VMD)

大阪市立デザイン教育研究所 非常勤講師(デザインストラテジー、トレンド講座)

青山学院大学総合文化政策学部 協力教員(エリア文化論)

脚注[編集]

外部リンク[編集]