松井源内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

松井 源内(まつい げんない、1858年8月30日(安政5年7月22日[1]) - 1913年大正2年)3月9日[2])は、日本の実業家政治家衆議院議員寿都町長。旧姓・若林、初名・忠太郎[3]

経歴[編集]

佐渡国雑太郡真野村大字吉岡(現新潟県佐渡市)で農業・若林源右衛門の二男として生まれ、同村・先代松井源内の養子となる[3]。その後、養父の死去に伴い源内を襲名した[3]

1873年、義兄・高野吾吉に伴われ江差に移り、同地の呉服商・本郷家に奉公し、各地に行商した[3]1884年、寿都に移り同地で義兄・高野吾吉が経営していた呉服店を帰郷する高野から譲り受け、さらに海産仲買業、醸造業、回漕業、漁業などにも経営を広げた[3]。また、寿都外三郡酒造組合長、後志興農銀行 (株) 取締役、寿都銀行 (株) 取締役、寿都倉庫 (株) 社長、寿都汽船 (株) 社長などを務めた[2]

さらに寿都町会議員、寿都町長、所得税調査委員を歴任[2]1904年3月の第9回衆議院議員総選挙で北海道庁函館外三支庁管内から出馬し当選[2]猶興会に属し衆議院議員を一期務めた[2]

1913年3月、病により死去し、養子が源内を襲名した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第二十回帝国議会衆議院議員名簿』〔1904年〕、30頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』590-591頁。
  3. ^ a b c d e f 『北海道人名辞書』494頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 金子郡平・高野隆之編『北海道人名辞書』北海道人名辞書編纂事務所、1914年。