東條千歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東條千歳(とうじょう ちとせ、1861年 - ?)は、大日本帝国陸軍軍人東條英教の妻で、第40代内閣総理大臣東條英機の母である。九州福岡県北九州市小倉の万徳寺住職徳永某の娘で、実家の近くにあった歩兵第14連隊にいた英教と結婚した。

1880年に生まれた長男英夫、1882年に生まれた次男英実は、おそらく千歳の乳房にあった鉛毒のために1年以内に死んだ。千歳は神経質になり、1884年に生まれた三男の英機を特に期待をこめて育て、他人には抱かせなかった。

他に3人の息子、娘を生んだ。

東條英機の妻東條かつ子は、千歳の縁戚である。嫁入りしたかつ子に千歳は厳しかった。

参考文献[編集]