東昌自動車工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東昌自動車工業(とうしょうじどうしゃこうぎょう)は、かつて日本に存在したオートバイメーカーである。

1958年、東京発動機(トーハツ)と昌和製作所が共同出資によって設立した。そのため、名前もそれぞれの頭をとって名づけられている。同年に50ccスクーター、「エコー」を製造販売。1959年に50ccスクーター「パンドラ」を製造販売している。同1959年にはリコイルスターターの代わりにセルが付いたエコーSE-2が発売された。

1960年に昌和自動車工業が倒産と同時に、東昌自動車工業も廃業した。

製造車種[編集]

  • エコー
  • エコーSE-2
  • パンドラ