東京BBS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京BBS(とうきょうびーびーえす)とは、かつて存在したパソコン通信草の根BBS2001年12月31日をもって閉局。

概要[編集]

1987年10月1日開局。

東京都足立区に所在した草の根BBS局であり、その規模は草の根BBSとして日本最大の規模を誇っていた。

内容はおよそホビーに特化しており、CG系ボードや同人サークル系の個人ボードが充実していた。そのため、他のパソコン通信局とともに現在へ繋がる同人文化に多大な影響を与えている。

ホストはBIG-MODELを多回線対応へ独自に改良したMEGA-LINKS(後にGIGA-LINKS)を使用し、末期には、申請により東京BBSドメインによるメールアドレスが付与されるなど、インターネット網への接続も試みられていた。

宣伝用のシールが用意されており、イベントなどで配布することを申請するとロゴ入りシールセットが送られてきた。

ライブラリ[編集]

ライブラリにはさまざまなソフトウェアやデータが転載などで収録され、また一次配布元となることも多かった。

収録されているデータのジャンルや数は膨大であり、商用ネットへの接続手段を持たない者に重宝された。

主に草の根BBSで流通するフリーソフトCGデータ等では、データにアクセスすることが主宰者の収入に繋がる有料ネットへ転載されることを嫌う風潮があり、Q2回線導入後の東京BBSもこの有料ネットに当たるのだが、転載条件には「有料ネットへの転載は禁止、ただし東京BBSを除く」といった記述もよく見られた。(ただし、東京BBSのみを禁止するような逆の条件も一部にあった。)

ホスト放火[編集]

1999年1月2日未明、ホストのある横の建物で不審火による火災があり、延焼によりホストが全焼した。この頃は全盛期を終えインターネットの普及が始まっていた時期であり、このホストの停止は致命的であった。半年後には復旧したが、利用者は激減。かつては争奪戦まで起きていた回線も縮小し、ついに以前の勢いを取り戻すことは無かった。

出火直後、炎上する建物の画像が他の草の根ネットや、ニフティサーブ(現在の@nifty)などに投稿され、被害の甚大さとパソコン通信時代の終焉を物語るかのような様相を呈した。

閉局後[編集]

東京BBS運営中に利用されていたtokyobbs.or.jpドメインは、その後、運営者であった小泉義仁個人の活動に使用されており、現在もアクセスが可能である。閉局後数年間は、東京BBSの概要や沿革などが掲載されていたが、現在では多くの記述が削除されている。

なお、小泉義仁が脳梗塞により2016年6月25日逝去されたことが公式Twitter及びFacebookにて公表された。

外部リンク[編集]