東は東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東は東
Japanese War Bride
監督 キング・ヴィダー
脚本 アンソン・ボンド
キャサリン・ターニー
製作 ジョゼフ・バーンハード・プロダクション
ジョゼフ・バーンハード
出演者 山口淑子
ドン・テイラー
キャメロン・ミッチェル
音楽 アーサー・ラング
エミール・ニューマン
撮影 ライオネル・リンドン
編集 テリー・O・モース
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 大映洋画部
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年1月29日
日本の旗 1952年5月29日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

東は東』(ひがしはひがし、原題:Japanese War Bride)は、1952年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。(撮影は1951年

日本公開前には、『日本の戦争花嫁』という題名で紹介された[1]

概要[編集]

山口淑子の初のアメリカ映画出演であり、キング・ヴィダーが監督、ドン・テイラーが共演した。

第二次世界大戦後、米国へ渡った日本人戦争花嫁を題材としている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:キング・ヴィダー
  • 製作:ジョゼフ・バーンハード
  • 脚本:アンソン・ボンド、キャサリン・ターニー
  • 音楽:アーサー・ラング、エミール・ニューマン
  • 撮影:ライオネル・リンドン
  • 編集:テリー・O・モース
  • 美術:ダニエル・ホール

脚注[編集]

  1. ^ “山口淑子の演技好評 “日本の戦争花嫁” 映画”. 朝日新聞・東京夕刊: p. 2. (1952年1月31日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧

外部リンク[編集]