村野瀧玖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村野 瀧玖(むらの ろうきゅう、1992年12月31日 - )は、日本書道家である。

人物[編集]

亜細亜美術招待展韓日書藝名家展等の海外展に出品。

海外との友好関係を築くために、日本のを広める。

日本においても毎日書道展創玄展などの様々な展覧会に出品をし、入選や受賞。子供から大人まで、書の楽しさや奥深さを伝えるために各地で書道教室や書道パフォーマンスを実施。

展覧会の会期中に、作品を観た方から「魅入りの書道家」と評される。

以後、魅入りの書道家として活動。

高校時代[編集]

高校一年時から書道を始め、顧問の毎日書道審査会員の元で師事。部員が一人であり、マンツーマンで学ぶ。

翌年には埼玉県代表に選ばれ、全国高等学校総合文化祭に出場。

臨書作品「敦煌漢簡」で受賞をし、木簡(木に書を表現する)の少年と呼ばれる。

以降、新聞やテレビなどのメディアに出演。

大学時代[編集]

大学では文教大学文学部日本語日本文学科の書写書道教育ゼミに所属をし、卒業。

学生時代には毎日新聞社と共同で作品製作。

部活動においては書道部の部長として任を受ける。

裏打ち屋として[編集]

佐久間太熈堂に就職をし、裏打ちを学び、書道家兼裏打ち屋として活動。

(写真追加)以降、様々な書道家の裏打ちを担当。

多くの書道展において使用される。

裏打ちを広めるべく、裏打ち教室も行う。

社会人として[編集]

韓・中・日文化協力美術祭に2019年から参画し、日本における責任者として活動を開始。

活動を通して多くの著名人に作品を製作している。平行して時間を作り日本全国を旅しながら書を広める活動を開始。

書の受賞歴[編集]

日本3大書道展毎日書道展読売書法展日展)の一つである、毎日書道展U23漢字部2類に20歳で入選。

主な出展歴[編集]